大阪府豊中市庄内の人工透析・泌尿器科・内科 |医療法人髙橋クリニック
理事長より皆様へメッセージ
  • HOME »
  • 理事長より皆様へメッセージ

より一層「からだとこころが楽になるクリニック」を目指して

髙橋クリニックは2019年の春にリニューアルを予定しています。 1977年からスタートした当院の歴史と実績を糧として、新たな挑戦となります。 当院の「からだとこころが楽になるクリニック」という理念に込めた想いが今まで以上にみなさまに伝わるように努めたいと思います。またハードとソフトの両方でより一層レベルアップします。透析患者さまには、今後は食事、教育、精神的ケア等を要素とする腎臓リハビリテーションの精神を取り入れて、サービスの向上に努めていきたいと考えております。親切・丁寧、気遣い・気配りが交差するような「笑顔溢れる」「愛溢れる」髙橋クリニックをめざします。

医療法人髙橋クリニック 理事長 髙橋 努

理念



髙橋クリニックは、「楽」・「楽しさ」を目指します。
楽しいところに人は集まります。ただ、楽しいところにするためには、お互いがお互いを思う気持ち「思い合い(愛)の心」が必要です。

一.相互の理解と信頼を基調とする、明るいクリニックを形成します。


まずは「全体」です。
心理学者のカール・ロジャースは「正そうとする前に、わかろうとせよ」と言っています。
お互いの「個性」を尊重し、「気遣い・気配り」の出来る職場風土を形成します。それには、まず「あいさつ」が基本となります。
「あいさつ」とは本来、『「相手」の存在を認めて(存在承認)、自ら投げかけること』を言います。
対患者さま、対職員、対取引先等の関係者まで含めて、「人の和」を大切にします。

二.温もりの伝わる、より質の高い医療サービスを提供します。


一を基盤とし、「PS」(患者さま満足)を追求します。

三.職員の能力開発を積極的に推進します。


医療人として、一人の人間としての「成長をサポート」することにより、「ES」(職員満足)を高めます。

概要

当クリニックは1977(S52)年12月より診療を開始、透析医療を中心に一般外来も行い地域社会のホームドクターとして貢献してまいりました。現在では5F建ビルに透析ベット26台・入院ベット5床、敷地内に大型駐車場を完備し、仕事をされている方にもご利用いただけるように早朝及び夜間透析も行っています。また透析患者さま同士の交流の場である患者会の活動もあります。

我々は患者さま一人一人に親身となった対応、治療を行うべく、医師を中心とし、看護師、臨床工学技士、薬剤師、管理栄養士の密なる連携のもとに日夜努力しています。

診療には院長の小角を中心に、大阪大学泌尿器科を始め他の医療機関の医師と共に当たっています。又、必要に応じて専門病院へのご紹介を行うと同時に、各地域の病院と連携を保っており患者さまのご希望にかなうべく努力しています。お気軽にご来院、ご相談ください。

沿革

1977年 12月9日
髙橋クリニック 開設

1989年 6月
医療法人化   医療法人髙橋クリニック スタート

2007年 1月
髙橋 努 理事長就任

2016年 3月25日
髙橋 努 大阪偕星学園評議員 就任

2019年 春
クリニックリニューアル予定

PAGETOP
Copyright (c) Takahashi Clinic. All Rights Reserved.
06-6334-1941