こんにちは☆

毎日毎日暑いですね~(×~×)

大阪も35℃越えの猛暑日が続いていますね。

 

地震、大雨に続きこの暑さ・・・(;A;)

ニュースでも熱中症の話題をよく耳にしますね(>A<;)

皆さま熱中症対策は万全でしょうか??

 

そこで!!!

今回は熱中症対策についてまとめてみたいと思います♪

 

熱中症ってどんな状態??

熱中症は、高温多湿な環境や体温が下がりにくい環境に、私たちの身体が適応できないことで生じるさまざまな症状の総称です。

熱中症は炎天下での運動などで発症しやすいことが知られていますが、高齢者の方が熱帯夜にエアコンを使用せずに寝ているうちに発症することもあります。

 

 

原因~熱中症の要因は大きく分けて3つ~

熱中症の原因は、体温が上昇して体温調節機能のバランスが崩れた結果、体内に熱が溜まってしまうことです。体温が上昇した場合、人の体は適度な体温を維持するために、汗をかいたり皮膚温度を上昇させたりして熱を体外へと放出しますが、この機能が損なわれることで熱中症が生じます。

熱中症になる要因には、環境要因・身体要因・行動要因の3つがあります。

  • 環境要因:

        気温が高い、湿度が高い、日差しに当たっている、風通しが悪い、など

  • 身体要因:

       子ども、高齢者、脱水状態、など

  • 行動要因:

       炎天下で活動する、水分補給ができない、定期的に日陰や涼しい場所で休まない、など

 

 

症状と対策

熱中症の重症度はⅠ度~Ⅲ度に分類されます。

 

Ⅰ度:現場の応急処置で対応できる軽症

≪症状≫

めまい・立ちくらみ

筋肉の硬直(こむら返り、痛みがある)

汗のかき方がおかしい(拭いても拭いても出てくる、まったくかかない)

≪対策≫

○涼しい場所に移動する

○風通しをよくするため、ベルトなどを外し、衣類を緩める

○体を冷やす

◊♦POINT♦◊

首、わきの下、股間、ひざの裏など、太い血管のとおっているところを冷やすと効果的!

体に水をかける場合は、ぬるま湯をかけて扇風機等で風を当てると良いですよ(*^^*)

冷水をかけると逆効果になる場合も有るので注意してください。

○水分・塩分を補給する

 

Ⅱ度:病院への搬送を要する中等度

≪症状≫

頭痛

吐き気、吐いている

倦怠感(体のだるさ)

≪対策≫

Ⅰ度の対策に加え、

○足を高くして横になる

○自力で水分が摂れない、飲んでも吐いてしまう場合は病院へ。

 

Ⅲ度:入院して集中治療の必要性のある重症

≪症状≫

意識がない、呼びかけに対し返答がおかしい

痙攣

まっすぐ歩けない、走れない

高体温

≪対策≫

Ⅰ~Ⅱ度の対策+すぐに救急要請をする

 

 

熱中症は予防が大切~熱中症にならないために~

熱中症は予防法を知っていれば防ぐことができます。

熱中症を防ぐために、日常生活の中では、次のことに気をつけましょう。

 

・暑さを避ける

日陰を選んで歩いたり、日傘をさしたり帽子をかぶったりしましょう。

屋内では、扇風機やエアコンを適切(設定温度28度以下、湿度60%以下)に使ったり、すだれやカーテンで直射日光を防いだりして、暑さを避けましょう。

 

・服装を工夫する

汗を吸収してくれる吸水性に優れた素材の服や下着を着ましょう。

えり元はなるべく緩めて、熱気や汗が出ていきやすいようにしましょう。 太陽光の下では熱を吸収して熱くなる黒色の衣類は避けましょう。

 

・急に暑くなる日に注意する

梅雨の合間に突然気温が上がった日など、体がまだ暑さに慣れていないときは暑い日に熱中症が起こりやすくなります。

 

・個人の条件を考慮する

熱中症の発生には、その日の体調が影響します。

朝食を抜いたりした状態で暑い環境に行くのは避けましょう。

風邪などで発熱している人や下痢などで脱水状態の人、小さい子どもや高齢者、肥満、心肺機能や腎機能が低下している人などは熱中症を起こしやすいので、暑い場所での運動や作業を考慮する必要があります。

 

 

いかがでしたか(*^^*)??

まだまだ暑い日が続きそうですが、

熱中症に気を付けて元気に夏を楽しんでくださいね♪

Pocket