〒561-0832 大阪府豊中市庄内西町1丁目1-6
☎06-6334-1941

時代の変化流れ…WEBでの座長について

2020年09月11日(金)

投稿日: 2020年09月11日(金)

今回医療機関の中でも大変著名な方が

演者又は講師として出るとのことで、

 

滅多にない機会…

 

講演会座長のオファーを受けさせて頂きましたー😆

 

 

更には全国WEB講演のため

 

大多数の医療機関や関係者が聴講されるという…

 

時代の流れ

 

といか、タイミングやその時の良い変化に敏感に気づき

より良いものを患者様に提供したいと思った次第です。

 

 

また、今回担当する演者様は

 

 

桃仁会病院 臨床工学部 科長

鈴木 尚紀先生

先生のご略歴に関してはかなりのもので

 

兵庫県立大学大学院 博士号👨‍🏫

 

論文も英文も含め多数出筆…

更に受賞歴に関してもズバ抜けていまして

 

日本血液浄化学会学術大会を始め日本臨床工学会、味の素、陽進堂などなど最優秀賞などawardに幾度も輝いております✨

 

今一番輝いてるのでは?とも思われる位の方です。

 

 

 

⬇️で今回の講演内容に関して⬇️

 

透析治療に重要な

 

『リクセル』

についてです。

 

これは、β2ミクログロブリンを選択的に吸着し

手根管は勿論、各関節のアミロイド沈着抑制

 

サイトカイン吸着にも役立ち

炎症マーカーIL-8〜IL-6までの分子量30000 dalton以下が高率で吸着

 

さらに

 

酸化ストレスにも効果があり

心筋脂肪酸減少するため、心筋酸素の増加が見込めるとの研究結果と内容でした。

効果的にはまだ多数ありますが

 

この内容だけでも、新しい可能性が拡がると思いませんか??✨

 

 

が…しかし…⤵︎

 

 

⬇︎適応基準には条件⬇︎があり

 

a. 手術又は生検により、β2-ミクログロブリンによるアミロイド沈着が確認されている。

b. 透析歴が10年以上であり、以前に手根管開放術を受けている。

c. 画像診断により骨嚢胞像が認められる。

 

これを乗り越えていかなければなりません。

この中でも、b.が難関でして

手根管のオペをしなくては、なりません。

しかもこれは、30年も前の治験の結果で現在も改定されておりません。

 

これだけ今現在でも多くの治療効果が、あるにも関わらず。。

オペする前に食い止めるべきでは、ないかと個人的には感じてなりません(・_・;

 

 

 

今回の内容は、濃厚で更にまだまだあります、、、

全て話すとキリがなく、勿体ないので今回はこの辺にしておきます。

 

 

 

またこの件は、続編を書かせて頂こうかと思います✨

 

 

 

                      臨床工学課 阿部

- 同じカテゴリの記事 -